【「ぼしかい」会員限定!トライアローグチケットプレゼント】(再掲)残り僅かです

11月 12th, 2020

※このチケットプレゼントは、「ぼしかい」会員限定です

これが長期休館前、最後の展覧会!

本展覧会を最後に、横浜美術館は大規模改修工事のため2年を超える休館に入ります。リニューアルに向けてのクロージング展となる本展で、しばし見納めとなる横浜美術館とそのコレクションを、どうぞお見逃しなく!

2020年11月14日(土)から2021年2月28日(日)まで、企画展「トライアローグ:横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション」を開催します。
(トライアローグとは・・・3者による会談を意味します)

横浜美術館、愛知県美術館、富山県美術館――3つの大型公立美術館所蔵の20世紀西洋美術による、3館共同企画の展覧会です。 この3館は、1980年前後の日本で起こった、いわゆる美術館建設ラッシュを象徴する美術館です。
それぞれが多様性に富んだコレクションを有していますが、いずれの美術館も近現代の西洋美術を収集の柱のひとつとし、またその分野に美術館の「顔」となる作品が多く含まれる点で共通しています。
同展では、3館が誇る西洋美術コレクションから、ピカソ、クレー、ミロ、エルンスト、ダリ、マグリット、ポロック、ベーコン、ウォーホル、リヒターなど、20世紀美術史を彩った巨匠たちの作品を厳選し、絵画を中心に約120点を紹介します。 3つの公立美術館コレクションが競演する同展は、欧米の近現代美術の粋を楽しむと同時に、日本の美術館が競いあうように繰り広げてきた西洋美術収集の足跡と、その結果日本にもたらされた豊かな資産を再確認するまたとない機会となります。

今回は、親子ではもちろん、会員様のみ、または会員様同士でのお申込みが可能です。
お子様の年齢不問、寡婦の会員の皆さま是非ご応募くださいませ。

内容:「トライアローグ:横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション」
日時:2020年11月14日(土)~2021年2月28日(日)
※小学生以下は無料(オンライン日時指定予約は必要)
※予約サイトより来場日時を予約してください
※本展のご観覧当日に限り、「横浜美術館コレクション展」も観覧可
場所:横浜美術館
・みなとみらい線(東急東横線直通)「みなとみらい」駅(3番出口)から、マークイズみなとみらい<グランドガレリア>経由徒歩3分、 または<マークイズ連絡口>(10時~)から徒歩5分
・JR(京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から<動く歩道>を利用、徒歩10分

申込〆:11月24日(火)13:00まで →  先着

応募方法:下記申込みフォームに、プレゼント名(美術館)・名前・メールアドレス・住所・希望枚数(小学生以下は無料)・支部名と会員番号を入力し送信してください。
当選された方には母子会事務局よりチケットを郵送いたします。
抽選結果のご連絡(当選・落選)はいたしませんのであらかじめご了承ください。
その他:・予約日時から30分以内にご入場ください
・入場は入れ替え制ではありません
・再入場はできません

このチケットは横浜市社会福祉協議会様を通じ善意銀行様より寄贈されたものです。
お礼状を送りたいと思いますので、当選された方は感想とお礼の言葉を(一財)横浜市母子寡婦福祉会(〒221-0063 横浜市神奈川区立町14-3 立町ビル201号室 又は下記申込みフォーム)までお送りください。

お申込み(お問い合わせ)は

お申込みのフォーム
からお願いします。


Comments are closed.